anirockのブログ

誰かの明日への生きる力になれたらと思います。いやまじめか!

黒ばら本舗の椿油はいいぞ、あくまで個人の感想な。

おじさんのくせにずっと髪の毛を伸ばしている。最近では見た目も顔にはシミが目立つようになり、頭は白髪が増え、パサついている。確実に肉体は錆びついているのだ。「アンチエイジング」という言葉は好きではない。年相応に清潔でいればいいと思う私。清潔に見せるということは他者を意識しているということにほかならない。身だしなみに近い。特に対人で商売あるいは仕事をされている方なら、見た目は重要だ。なぜなら、商品そのものを買う人もいれば、「あなた」から買う人もいる。「あなたを信じて」買う、と言い換えてもよいだろう。

さて、「椿油」を知っているだろうか黄色の箱に入って瓶に詰められているアレだ。何かのテレビ番組で、お笑い芸人のロバートの秋山さんが愛用しているとのこと。椿油は昔から興味はあったのだが、若い頃はやはり化粧品メーカーの整髪料や化粧品をなんとなく使用していた。この年になって無添加のものを選びたいという欲が出てきて早速買って使用してみた。どのように使っているかというと、朝出かける前、頭髪をブラシで解いたら、椿油を1滴、手のひらに出して手のひら全体に伸ばして、頭頂部から毛先に向かって髪全体にまんべんなく塗る。たった1滴で、メチャクチャ艶が出る。ベタベタしておらず、むしろ適度に保湿されたサラサラ髪になる。髪の毛の後はそのまま顔に塗ってもいいし、手の甲やひじなどかさつきが気になる部分に塗ってもよい。全身に使えるのだから。

使い方は、箱の中に入っているので参考にするとよい。一部紹介する原文そのまま。

髪へのお手入れ方法

【トリートメントケア】使用量の目安 3〜4滴 頻度 日々のお手入れに

パサつきを抑え、ツヤのあるしなやかな髪に

シャンプーの後、半分ほど湯を張った洗面器に椿油を入れ、よくかき回します。それを髪にかけ、全体になじませます。そのまま洗い流さず、タオルやドライヤーで乾かします。

肌へのお手入れ方法

洗顔&フェイスケア】 使用量の目安 ※下記参照 頻度 日々のお手入れに

日々のメイク落としも、肌の保湿もこれ1本

洗顔椿油を10滴ほど手のひらに伸ばし、クレンジングと同じ方法で汚れやメイクを浮かせ、ティッシュ等でふき取ったのち、お湯で洗い落とします。※洗顔石けん等に数滴垂らし泡立てて使ってもOK。

【フェイスケア】洗顔後、若干水分を残した状態で、または化粧水をつけた後で椿油を1〜2滴手のひらに伸ばし、顔全体を覆うようになじませます。※2〜3滴の純椿油と少量の化粧水とを混ぜて使ってもOK。※ベタつきが気になる時は、ティッシュで余分な油分をふき取ります。

というように、カラーの取り扱い説明書がついているので安心です。また、商品の入った箱の側面に共通ご愛用感謝券(点数)がついていて、800点で47ミリリットル、1200点を集めて、プレゼント応募台紙に貼ってはがきで応募すると、72ミリリットルの純椿油がもらえます。ちなみに私が購入した72ミリのものには120点が付いていますた。私は男性ということもあってメイクはしないので(そのうちする予定だが)、1本しか購入しなかったが2〜3本あってもよい。ラインナップも揃っている。

 

 

 

シャンプーは週1回

ここ最近は、シャンプーをしていない。毎日洗髪をしているが、湯シャンといって、お湯だけで頭を洗っているのだ。仕事がドライバー兼ライダーなので、多少匂っても他人に迷惑をかけることが少ないので。でも湯シャンでパートナーと一緒に寝ていても「臭い」とは言われなかったので、まずは1週間試しても良いのかもしれない。

湯シャンをはじめた2、3日はなんとなく頭皮がかゆい感じがするが、それを過ぎると髪の毛がしっとりして、つや髪になる。ブラッシングだけで充分。整髪料は要らない。そして、1週間後シャンプーをするのだが、泡が立たない。それだけ汚れもしくは脂を分解しているのだろう。洗髪後は髪の毛がサラサラになる。シャンプーの洗浄力には驚かされると同時に、やはり余分な脂も洗い流されているということに気づく。ひいては頭皮の乾燥を招くのではないかとか、薄毛の原因にもなるのではと疑ってしまう。なので、私は基本シャンプーは1週間に1度にしている。

湯シャンにして良かったことは、お湯を使わない。シャンプーをすすぐのにとてもお湯を使うことが分かる。節水になるのは当たり前。首筋とか耳の上とか、生え際は石けんで洗えば良いので、シャンプーが長持ち、節約には持って来いである。なのでシャンプーやリンスはちょっとお高い無添加のものを使っている。デメリットは自然乾燥だとなかなか乾きにくいところ。あとは匂いかな。自分ではわからないので。ちょっと脂の臭いがするかも。でもこの臭いが好きな人や気にならない人がいればパートナーとしては最適ですね。

湿気大嫌い

ここのところ9月は雨が多い。秋雨前線もそうだが、いつの頃からか台風は秋にやってくるようになった日本。ずっと夏からジメジメしているような気がする。湿度が高いと神経痛がズキズキと痛む人もいるのではないか。私もそのひとりである。なので、部屋に除湿機は必須である。最近は部屋干しが当たり前になっている。夜洗濯して、寝ている間に乾燥させる。日中仕事に行って帰ってきたら、乾いた洗濯物を取り込んで仕舞う。さて、その除湿機なのだがパワフルな除湿機で機能は良いのだが、音がうるさいのが問題だ。うるさくて眠れないという問題を抱えている。とにかく振動がすごくて、フィルターカバーみたいなところも一緒になって、震えてビーンと音を立てている。これから買い替えようと思うのだが、これにしようかな。除湿機にはコンプレッサー式とデシカント式があるようだが。これから気温が低くなる季節にはデシカント式が良いらしい。ただヒーターを使用するので電気代が高くつくそうだ。両方を兼ね備えたハイブリッド式もあるようだが、私はコンプレッサー式が好みだ。ちょっと高さがあって、ペットを飼っている方や地震の時は本体の転倒が心配だが、サーキュレータ付きの除湿機には興味がそそられる。

HSPの私が買ってよかったもの5選5/5

第5位ではあるが、実は心の第1位。以前は枕カバーしかしていなかったのだが、フェイスタオルを枕に掛けて寝てみたところ、あら、なんて気持ちよいのだと。ハンドタオルで使用していた今治タオルがよかったので、普通のフェイスタオルを今治タオルに替えたところ、「うわ~やわらか~」ってなった。前回の記事4/5で書いた「さらさ」の柔軟剤を使用すれば、アロマを使わずとも心地よい香りが、枕元を包んでくれる。毎日使うものは、少し高くても気分が上がるので使ってみてほしい。ここでは、このサイズを紹介しますが3枚セットのハンドタオルもお買い得になっているのでオススメです。

HSPの私が買ってよかったもの5選4/5

ニオイに敏感なHSP。私はさほどでもないが、強烈な香りは思わず「くっさー!」と声が出てしまう。それは普通の人も同じか。今は香害やスメルハラスメントという言葉もあって、私たちはニオイにも関心を持たなければならない。

第4位

無添加 洗濯用洗剤、柔軟剤

こちらの「さらさ」はクリーニング店からから戻ってきたような香りがする。量産型の柔軟剤より香りはやさしい。ペットを飼っているご家庭や赤ちゃんのいらっしゃるご家族にも安心ですね。値段は量産型ものよりも割高ではあるが、一度使ってみるともう戻れなくなりますふふふ。

HSPの私が買ってよかったもの5選3/5

寝ているとき、HSPは少しの物音や光で目が覚める。外で他人の話し声なんか聞こえたら気になって会話が終わるまで眠れないなんてこともある。私は特に就寝時、カーテンの隙間から差し込んでくる光がとにかく苦手です。半分目を開けて寝ているせいもあるのですが。とにかく真っ暗にして寝たいのです。

第4位

HSPの私が買ってよかったもの5選2/5

世間のみなさまに知ってほしい。HSPは疲れる。疲労感半端ない。音や光、ニオイに鋭敏で、アルコールで脳が麻痺しているくらいがちょうどいいのだ。私も毎晩お酒を飲んでいたが、健康とお金のためにやめた。そんな人もいるのだなと。

では早速買ってよかったもの。

第2位

サングラス

日本ではサングラスをして街中を歩いている人は少な目だが、HSPは光に敏感。ノートを開いたときの白さもまぶしい。眉間にシワを寄せているので、相手から怖がられてしまう。オススメは薄色のもので軽いものが良い。長時間使用するので、目と鼻の負担が少ない方が良い。こちらのスワンズはかなり良い。レンズは他社品より若干小さめ。だから軽い。カタカタしない専用ケースもついている。1年間の保証もついている。デザインがタウンユース向きでは無い(どちらかというとスポーツ、ドライブに向いている)ので、普段使いではないところが唯一の難点か。